ここから本文です

グロージャン更迭報道も、ハースF1が全面否定。「ドライバーラインアップは何も変わらない」

7/22(月) 13:05配信

オートスポーツweb

 ハースのロマン・グロージャンの評価が、ダダ下がりだ。第10戦イギリスGPの決勝レースでケビン・マグヌッセンと同士打ち、2台ともにリタイアの原因を作っただけでなく、初日のフリー走行1回目ではピットレーン出口でスピン、クラッシュする失態をやらかした。

【写真】F1第10戦イギリスGPで今季2度目の同士討ちを演じたグロージャン

 これら一連のミスにギュンター・シュタイナー代表は怒り心頭で、今週末の第11戦ドイツGP前にクビを言い渡す、少なくとも同GPは出場させないという観測が出ていた。

 そして代役として、今シーズンはメルセデスのリザーブドライバーを務めているエステバン・オコンの名前がすぐに挙がった。

 するとハースは『GPUpdate.com』の取材に対し、「ドイツGPは、それまでのレースと同じ布陣で臨む。ドライバーラインナップには、なんの変化もない」と、全面否定するコメントを発表した。

 ハースとしては、グロージャンにもう一度チャンスを与えようということなのか。同チームはシーズン開幕戦から予選ではトップ3に迫る速さを見せながら、レース結果にはまったく繋がらず。この4戦はノーポイントが続き、コンストラクターズ選手権では最下位ウイリアムズに次ぐまさかの9位に甘んじている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/22(月) 13:06
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事