ここから本文です

WEC:王者トヨタ、2019/20年投入の新車公開。ハートレーが加わった新ラインアップも

7/22(月) 18:30配信

オートスポーツweb

 ル・マン24時間レースで日本メーカー初となる複数回優勝を連覇で成し遂げたTOYOTA GAZOO Racingは7月22日、WEC世界耐久選手権2019/2020年シーズンに投入する新型トヨタTS050ハイブリッドを初公開した。23日からスペインのカタロニア・サーキットで始まる公式テスト“WECプロローグ”を前に行われた今回のアナウンスでは、7号車と8号車を駆るドライバーラインアップも正式発表されている。

【新旧TS050ハイブリッド、フロント比較画像】

 2016年に先代のTS040ハイブリッドに替わるトヨタのハイブリッドレーシングマシンとしてデビューし以後、WEC/ル・マンを戦ってきたトヨタTS050ハイブリッド。

 2.4リットルV6直噴ターボエンジンと、トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)の組み合わせによって最大1000馬力を発生するパワートレインを搭載するマシンは、2020/21年から“ハイパーカー規定”が導入されることから、この2019/20年がWECで戦う最後のシーズンとなる。

 そのトヨタTS050ハイブリッドは2017年以降の開発凍結を経て、約3年ぶりにスタイリングの変更を伴う改良がなされた。

 しかし、トヨタのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンは「今シーズン向けのクルマに対して、トヨタは“スーパーシーズン”から大きな変更は行なっていない」とコメント。

 今シーズンへの変更点は細かな部分の最適化であり、「目に見える変更は空力パッケージで、それ以外は信頼性向上のための細かい変更に留まっている」という。

 その言葉どおり、公開された画像ではフロントノーズ太くなった上に先端がハイポイント化されたことに加えて、ノーズと左右のフェンダーをつなぐフロントカウルの後退、フロントカナードの大型化、サイドミラーのカウル内埋め込み、サイド開口部の処理など従来型との相違点を確認することができる。

■ハートレーはアロンソが抜けた8号車に合流。新加入のローランはLMP2クラス参戦へ

 まもなく始まるWECプロローグテストに先立って行われた今回の発表では、今季も2台体制を敷くチームのドライバーズラインアップが明らかになった。

 まず、小林可夢偉を擁する7号車は2018/19年と同様に、マイク・コンウェイ、可夢偉、ホセ-マリア・ロペスのトリオが継続されることに。対して、フェルナンド・アロンソがチームを離脱したことで欠員が出た8号車は中嶋一貴、セバスチャン・ブエミのコンビに元トロロッソ・ホンダF1ドライバーで2017年のル・マン/WEC王者であるブレンドン・ハートレーが加わることになった。

 また、昨季はレベリオン・レーシングに所属し、今季からテスト兼リザーブドライバーとしてトヨタ入りを果たしたトーマス・ローランは、自身初のワークスドライバーの仕事と同時進行でシグナテック・アルピーヌ・エルフからLMP2クラスに参戦する。

「先月のル・マン24時間レース優勝からまだ日が浅いですが、ワールドチャンピオンとして迎えるWEC新シーズンが待ち遠しいです」と語るのは、TOYOTA GAZOO Racing WECチームを率いる村田久武代表。

「2019/20年シーズンはLMP1ハイブリッド規定の最後となります。それは同時にTS050ハイブリッドにとっても最後であることを意味します。TS050ハイブリッドは多くの勝利を収めましたが、博物館に行く前に、それをさらに積み重ねることができれば、と願っています」

「チームの最大の目標はル・マンの3連覇を果たすことです。それが2015年より、設計、開発、製造、及びレース運営に関わってきたチーム全員への贈り物になると思っています」

 サーキットレースで日本人初の世界選手権王者となった一貴は目標にタイトル防衛を掲げた。

「世界チャンピオンとしてシーズンを迎えるのは素敵な気分です。目標はTS050ハイブリッドの最後のシーズンにタイトルを防衛することです。TS050ハイブリッドで長きにわたってレースを戦ってきて、多くの特別な瞬間を味わってきただけに、別れは残念です」

「今年も簡単なシーズンではないでしょう。7号車は最強のライバルとして立ちはだかるでしょうし、他のLMP1車両からの挑戦も予想されるので、エキサイティングなシーズンになるのは間違いありません」

 その一貴と8号車をシェアすることになるハートレーは「ル・マンを出場せずにただ見ているのは少し辛い時間だったが、新しいチームに溶け込むための良い機会でもあった」とコメント。

「僕は初めて出場した2012年からル・マンが大好きだったけど、2年間出場できなかったので、戻れるのを心待ちにしていたんだ」

「ル・マンのテスト以来、TS050ハイブリッドでの初めての本格的な実走行テストを行いましたが、既にクルマに慣れ、さらなるスピードアップに挑んでいるよ」

 また、今季も7号車を駆る可夢偉は「つい先日ル・マンを終えたばかりのような感覚なのに、このプロローグでもう新たなシーズンが始まってしまうのか、という思いです」と心境を吐露。そのうえで2019年、惜しくも逃したル・マン優勝に向けて、攻め続けると宣言した。

「昨シーズンはル・マン勝利まであと一歩でした。すべてが順調に見えても、厳しいレースではドラマが起こります。7号車のクルー全員はル・マンでの勝利を目指し攻め続けます」と可夢偉。

「昨シーズンは8号車との僅差のバトルを繰り広げてきましたし、今年も同様の戦いになると期待しています。7号車、8号車ともに経験豊富なドライバーが揃っているので、今シーズンもエキサイティングなレースになるでしょう」

 ダブルタイトルを獲得したトヨタにとって王者防衛が目標となる2019/20年WECは、9月1日に行われる開幕戦シルバーストンを皮切りに、富士、上海、バーレーンなど4大陸計8ラウンドで争われる。シーズン最終戦は昨季に引き続き6月13~14日に開催されるル・マン24時間がその舞台となる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/22(月) 22:20
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事