ここから本文です

鈴木選手を激励

7/22(月) 15:40配信

北國新聞社

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)の50キロ競歩に出場する鈴木雄介選手(富士通、能美市出身)の激励会が22日、同市役所で開かれ、井出敏朗市長ら関係者約50人が活躍を願った。鈴木選手は「地元の声援を追い風に金メダルを獲得したい」と抱負を語った。

 鈴木選手を中学、高校と指導した愛知製鋼コーチの内田隆幸さん(73)=能美市福岡町=も同席し「皆さんの期待に応え、能美を競歩のまちとして世界にアピールしたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:7/22(月) 15:40
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事