ここから本文です

交換留学の実現を 英大担当者が松山大訪問

7/22(月) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県松山市の中学校で外国語指導助手(ALT)経験があるセントラル・ランカシャー大(英国)の留学担当者デービッド・エルビス・リーミングさん(50)が19日、松山大(同市文京町)を訪れ、交換留学の実現に向けて協力を求めた。
 世界各国から留学生が集まるセントラル・ランカシャー大は、日本の30大学と協定を結んでいるが、四国には協定校がなく、縁のある松山の大学と連携したいと今回来日した。19日は松山大国際センター課で担当者に、自大の学問分野や留学制度などを説明。松山大側も連携に向けて検討するという。22日は愛媛大を訪れる予定。

愛媛新聞社

最終更新:7/22(月) 14:40
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事