ここから本文です

夏の大学日本一を決める総理大臣杯、出場24校が決定! 対戦トーナメント表は27日に確定

7/22(月) 10:01配信

ゲキサカ

 第43回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントの出場校が決定した。大会は8月29日に開幕し、決勝戦は9月7日に行われる。

 総理大臣杯の関東予選となるアミノバイタルカップが20、21日に行われ、7位8位決定戦で関東2部の拓殖大が同1部の中央大を1-0で下して7位入賞。大臣杯最後の枠に滑り込んだ。

 27日に開催される決勝、3位決定戦で正式な代表枠が決定するものの、これで関東の7枠は確定。明治大、駒澤大、筑波大、立正大、法政大、順天堂大、そして拓大が関東代表となった。

 関東代表の確定により、大臣杯の出場24校が決定。北海道2枠、東北1枠、関東7枠、東海3枠、北信越1枠、関西4枠、中国1枠、四国2枠、九州3枠で争われる。トーナメントの詳細決定は27日のアミノバイタルカップ決勝、3位決定戦後となる。

以下、出場24校
【北海道】
第1代表:北海道教育大学岩見沢校
第2代表:北海学園大

【東北】
仙台大

【関東】
明治大
駒澤大
筑波大
立正大
法政大
順天堂大
拓殖大
※代表枠は27日に決定

【東海】
第1代表:静岡産業大
第2代表:東海学園大
第3代表:中京大

【北信越】
新潟医療福祉大

【関西】
第1代表:びわこ成蹊スポーツ大
第2代表:関西大
第3代表:大阪経済大
第4代表:大阪体育大

【中国】
IPU・環太平洋大

【四国】
第1代表:高知大
第2代表:四国学院大

【九州】
第1代表:福岡大
第2代表:鹿屋体育大
第3代表:日本文理大

最終更新:7/22(月) 10:01
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事