ここから本文です

ディズニーの「アベンジャーズ」完結編、「アバター」抜き歴代1位に

7/22(月) 10:54配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米ウォルト・ディズニーの「アベンジャーズ」シリーズ完結編「アベンジャーズ/エンドゲーム」が世界興行収入で、ジェームズ・キャメロン監督のSF大作「アバター」を抜き、歴代1位となった。

ディズニーによれば、21日時点でエンドゲームの興行収入は世界全体で推定27億9020万ドル(約3010億円)。同社が6月下旬に新たなシーンを加えて同作品を再上映したことも押し上げにつながった。従来の歴代トップは約10年前に公開された「アバター」の27億8970万ドルだった。

マーベルコミックのスーパーヒーローが活躍するアベンジャーズ・シリーズ4作の米国内での平均興収は6億5250万ドル。2008年公開の「アイアンマン」をはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバース23作品の興行成績は、映画シリーズで過去最高となっている。

同じくマーベルのキャラクターを基にしたソニーの「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の世界興収は9億7080万ドルだった。

原題:Disney’s ‘Avengers: Endgame’ Passes ‘Avatar’ With $2.79 Billion(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Randall Williams, Anousha Sakoui

最終更新:7/22(月) 10:54
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事