ここから本文です

ルノー移籍で元アドバイザーと“金銭問題”? リカルド、13億円を請求される

7/23(火) 12:17配信

motorsport.com 日本版

 昨シーズン限りで長年在籍していたレッドブルを離れ、ルノーへの電撃移籍を選択したダニエル・リカルド。しかしリカルドは、その移籍に関して前任のアドバイザーであるグレン・ビーバスから、1千万ポンド(約13億4600万円)以上の手数料を請求されているようだ。

【動画】F1第10戦イギリスGPハイライト

 今シーズンからルノーという新天地で戦っているリカルドだが、その移籍に関してある問題が浮上している。motorsport.comが入手した英国高等法院の文書によれば、前任のアドバイザーであるビーバスが、リカルドにはルノーに移籍したことに伴う未払い金が多く残っていると主張しているようだ。

 今月の初めにビーバスが通達した内容によれば、この未払金には、リカルドがルノーから受け取る基本的なサラリーの手数料20%、スーパーライセンスの所得費用、ルノーの市販車の使用料、理学療法士のコストなど、様々なことが含まれているという。

 motorpsort.comにもたらされた声明では、リカルドは以下のように説明している。

「グレン・ビーバス氏の主張の中には何も真実はない」

「彼がこうした無益な主張を持ち出すことを決めたのは残念だが、当方は完全に法廷で弁護する意向だ」

■リカルドとアドバイザーとの契約

 ビーバスの企業であるSivana Sports International FZEは、リカルドが英国ヴァージン諸島に設立した企業Whitedunesが、当事者間で合意した手数料を支払っていないと主張している。

 Whitedunesは2013年にリカルドの商業上の権利とマーケティングを扱うために設立された企業であり、リカルドの両親と親友のジョー・パッシオーネが代理を務めている。

 2012年から長きにわたってビーバスがマネージメントとコンサルタントサービスをリカルドに提供してきた。しかし今シーズンの開幕戦オーストラリアGP前に、リカルドはCreative Arts Agencyの子会社であるCAA Sportsの一員になったことが発表されていた。

 リカルドとビーバスの間での合意は、リカルドがレッドブルに昇格していきなり3勝を挙げた2014年シーズンの後、修正されることになった。ビーバズの主張によれば、この修正された契約により業務量が増し、その見返りとして22万5000ポンド(約3000万円)が12カ月にわたって毎月支払われ、さらにWhitedunesもしくはリカルド自身が締結した新規の取引について、その手数料として20%の支払いを受けることになっていたという。

 裁判所の文書によると、2015年にはその月額の支払い費用は2万ドル(約200万円)に変更され、リカルド側が再交渉したと伝えた後には、ビーバスから新たな数字が提案されていたようだ。

 ビーバス曰く、修正された月額のアドバイザー料、そして新契約の手数料20%と“珍しいロレックスの時計”という形で支払いを受けたという。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 12:17
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事