ここから本文です

米民主ウォーレン氏、経済に「危険信号」と警鐘 迅速な措置訴え

7/23(火) 2:21配信

ロイター

[ワシントン 22日 ロイター] - 2020年米大統領選に向けて民主党の候補指名を目指すエリザベス・ウォーレン上院議員(70)は22日、米経済が年内もしくは来年に下降局面に突入する可能性があると警鐘を鳴らした上で、リスク低減に向けた規制当局や議会による迅速な措置を求めた。

ウォーレン議員は声明で、米経済を巡る「危険信号が点灯している」とし、経済停滞の確率は「高く、一層高まっている」と警告。規制当局や議会に対し「米国民の持ち家や雇用、貯金に別の危機が及ぶ前に」行動するよう促した。

具体的には、高水準の家計債務や学生ローンの状況を踏まえ、米経済情勢は「不安定」とし、金利上昇の影響で「米世帯が崖から落ちる」リスクがあると警鐘を鳴らした。さらに、企業が抱える高リスクローンは拡大し、製造業活動の低調が垣間見られると指摘した。

こうしたリスクの低減に向け、ウォーレン議員は、今後10年にかけ、環境問題リサーチや製造業、輸出に2兆ドルの投資を行うことを提案。投資によって、100万人強の雇用創出につながるほか、気候変動問題への対象を可能にすると主張した。

民主党・大統領候補の指名獲得に向け、約20人の候補者が乱立しているが、ウォーレン議員は現在支持率で上位4位に食い込んでいる。

最終更新:7/23(火) 2:21
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事