ここから本文です

本田&岡崎が新天地探しに難航 「欧州では峠の過ぎた選手との認識」

7/23(火) 16:36配信

東スポWeb

 日本代表MF香川真司(30)とともに「日本のビッグ3」と呼ばれたFW岡崎慎司(33)、MF本田圭佑(33)も現時点で去就は未定だ。2人は香川と違って移籍金は発生しないものの、年齢もあって「欧州では峠の過ぎた選手との認識」(ある代理人)で、なかなか新クラブが決まらないという。

 特に東京五輪出場を目標に掲げ、オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団した本田はカンボジア代表のGMとして実質的な監督を務めることが、新クラブ入りへの大きな障害になっている可能性があるという。同代理人は「監督業を認めるクラブがあるのかどうか。チームを離れる期間もあるし、プレーに集中できないと判断されるんじゃないか」。

 またイングランド・プレミアリーグのレスターを退団した岡崎も年齢的にベテランの域に入ってきたためか、新天地探しは難航。昨季はあまり出場機会がなく、アピール材料にも乏しい。地元メディアではスペイン2部マラガ入りが濃厚と報じられるが、下部リーグでのプレーを選択するのだろうか。

最終更新:7/23(火) 16:39
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事