ここから本文です

Slackのデスクトップアプリ、起動速度33%アップ、メモリ使用量は50%減のアップデート

7/23(火) 12:24配信

ITmedia NEWS

 米Slack Technologiesは7月22日(現地時間)、企業向けコラボレーションツール「Slack」のWindowsおよびmacOS版アプリをアップデートすると発表した。向こう数週間をかけてローリングアウトしていく計画だ。

 このアップデートはスピードを重視するもので、そのためにアプリを再構築したとしている。

 まず、起動が従来より33%速くなり、チームメンバーからの着信通話に参加するまでの時間が10倍速くなる。また、メモリ使用量が50%減る。

 さらに、ネット接続環境が不安定でも、起動すると以前開いていたチャンネルや会話を表示できるようになる。従来のように接続エラーメッセージが表示されて作業がストップすることはなくなる。

 この他の細かな新機能については更新履歴を参照されたい。

ITmedia NEWS

最終更新:7/23(火) 12:24
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事