ここから本文です

巨人・原監督 サヨナラ打の重信に「見事」も継投はまらず「俊には申し訳ない」

7/23(火) 21:28配信

デイリースポーツ

 「巨人6-5ヤクルト」(23日、京セラドーム大阪)

 巨人が今季3度目のサヨナラ勝ち。連敗を4でストップした。

【写真】覆面レスラーの正体は…原監督だった?

 執念の采配で、勝利を引き寄せた。九回、無死一塁から助っ人のビヤヌエバに送りバントを指示し、これが成功。さらに打球を一塁手村上が失策し、無死一、二塁となった。ここで代打・重信が左越えにサヨナラ打を放った。

 指揮官は重信にはバントをさせず、強攻。これが奏功し、「バントというのもあったが、打力にかけた。見事にこたえてくれた」と、安どの笑みをにじませた。

 嫌な流れだった。5-2で迎えた八回、2死一、二塁。力投の山口からデラロサに交代したが、これが裏目。助っ人は初球153キロ直球を青木に振り抜かれ、右翼席へ同点3ランを被弾した。山口の11勝目も消滅。指揮官は「(山口)俊には申し訳ないことをした」と語ったが、「この次は助けられるように、みんなでやっていきたい」とリリーフ陣に期待した。

最終更新:7/23(火) 21:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(月) 10:50

あなたにおすすめの記事