ここから本文です

日本ハム金子4勝目、六回までノーノーで交代も笑顔「僕の諸事情があったので」

7/23(火) 22:30配信

デイリースポーツ

 「オリックス2-5日本ハム」(23日、ほっともっとフィールド神戸)

 日本ハムの先発・金子が6回無安打無失点で今季4勝目。ノーヒットノーランの大偉業の気配も漂い始めたが「本来だったらもうちょっと投げないといけないんですけど、僕の諸事情があったので。それは公にはできないですけど」と今季自己最多92球で降板した。

 栗山監督は「本人は久しぶりで、体のこととか本人と確認しながらやっているので」と説明。試合後、右腕は爽やかな笑みを浮かべながら「いい形で投げ終えられたので、次の登板につながるように調整したいと思います」と次戦を見据えた。

 開幕からの蓄積疲労などを考慮され、この日は救援登板した6日・楽天戦(楽天生命パーク)以来、中16日空けて臨んだマウンド。昨オフに別れを告げた古巣に対し、今季ここまで4試合の登板で2勝0敗、防御率0・86。指揮官は「これだけ間を空けて体を調整してもらって。本当に弌大(ちひろ)らしく素晴らしかったと思います」と賛辞を贈った。

最終更新:7/23(火) 22:38
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 10:05

あなたにおすすめの記事