ここから本文です

世界経済3.2%に減速とIMF 米中摩擦が影響、日本も引き下げ

7/23(火) 22:01配信

共同通信

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は23日、最新の世界経済見通しを発表、2019年の世界全体の実質経済成長率を3.2%とし前回の4月時点から0.1ポイント下方修正した。米中両国が互いに輸入品に追加関税を課す貿易摩擦が響いた。日本は0.9%で0.1ポイント引き下げた。

 19年の世界成長率引き下げは昨年10月以降、4回連続。20年は3.5%への回復を見込んだが、貿易摩擦改善などが前提となり「この予測は心もとない」とも説明した。米中摩擦に加え、米政権が検討する輸入自動車への追加関税や英国のEU離脱問題の行方によっては、景気が一段と減速する可能性がある。

最終更新:7/23(火) 22:01
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事