ここから本文です

人気者になる若手俳優に“ガチアスリート系”“母性本能くすぐる系”共通点

7/23(火) 7:40配信

オリコン

『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ系)で、田中圭とバディ役を組む大学院生・二階堂忍として登場している横浜流星。7月14日放送の第13話では、田中圭演じる翔太が頭に袋を被せられ、外国人に連れ去られそうになる場面に遭遇。華麗な突きと回し蹴りを見せ、「かっこよすぎ」などと、SNSで大いに話題となった。視聴率も10.9%と、ついに2桁にのせ、過去最高を記録している(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】“極真空手世界一”横浜流星、ピンク髪でシックスパックの肉体美披露

■横浜流星、空手からつながるコツコツと努力を重ねる性質

 ところで、横浜流星といえば、極真空手の世界選手権で優勝したこともある、ガチの腕前がよく知られている。そんな彼の躍進ぶりを見るにつけ、実は今、人気者になる若手俳優には、いくつかの共通点があるようだ。その1つが「ガチのアスリート系」である。

 横浜流星は『チア男子!!』でインタビューした際、「以前は団体競技に対して、みんなで楽しくやっているだけなんじゃないかという思いもあった」「(でも、チアを通じて)誰かが自分よりがんばっているときには、自分ももっとがんばろうと思える。仲間って、ワイワイ楽しくやるばかりじゃなく、より高めていける存在なんだと気づきました」と語っていた。

 ひたすら空手に打ち込み、自分を追い込んできたストイックさは、芝居の集中力や研究熱心さ、負けん気の強さなどにつながっている。そんなコツコツと努力を重ねる性質に「チームプレイで高め合える力」が加わったわけだ。おまけに、スポーツ一筋に打ち込んできただけあって、礼儀正しさも折り紙付きである。

■剣道有段者の吉沢亮と東出昌大 サッカーで知られる竹内涼真

 また、朝ドラ『なつぞら』で広瀬すず演じるヒロイン・なつの幼なじみの天陽を演じている吉沢亮も、ガチのアスリート系として知られる。

「国宝レベル」と言われるビジュアルや、「オフの日は家にこもり、昼間からビールを飲む」など私生活の「インドア派」ぶりはよく知られるところ。しかし、剣道二段で、関東大会で優秀選手に選ばれたという経歴の持ち主で、身体能力の高さや幅広い役柄を演じ分ける力には、作り手から多数のラブコールが寄せられている。

 また、父親が剣道の先生をしていたために、幼少時から剣道漬けだったという東出昌大も三段の腕前で、今でも時間が空いたときには道場で子どもたちに指導をしているという。

 また、サッカーの東京ヴェルディユースに所属していたことで知られる竹内涼真などの例もある。かつては芸能人の運動会などで、運動神経の良い人気アイドルを勝たせなければいけない場面で、空気を読まない芸人やタレントが勝ってしまい、気まずい展開になったなんて話がよく笑い話としてされたものだった。

 でも、今は忖度不要のガチのアスリート系俳優が登場している。とくに横浜流星のように世界レベルが登場するようになると、令和の新基準ができてきそうだ。

1/2ページ

最終更新:7/28(日) 21:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事