ここから本文です

東海 23日も局地的な非常に激しい雨に注意

7/23(火) 9:21配信

tenki.jp

23日の東海地方も大気の状態が不安定でしょう。
局地的に雷を伴って非常に激しい雨の降るおそれがあります。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風などに注意してください。

この時間の東海地方 雨雲が発達してきているのはここ

23日の東海地方の天気

23日の東海地方は晴れ間も出ますが変わりやすい天気でしょう。
午後を中心に、にわか雨や雷雨の所がある見通しです。
局地的には一時間に50ミリの非常に激しい雨の降るおそれもあります。
あす午前6時までの24時間で降る雨の量は、いずれも多い所で
静岡県 100ミリ
愛知県・三重県・岐阜県 80ミリ
の見通しです。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうなどに注意してください。

非常に激しい雨とは?

一時間に50ミリ以上の雨のことをいい、滝のような降り方と例えられます。
傘が全く役に立たなくなったり、水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるような雨の降り方です。
また、アンダーパスなどのくぐる形状の立体交差ではごくわずかな時間で冠水する恐れがあります。
このため車の運転は危険な雨の降り方です。
また、このような雨が降ると短い時間で土砂災害や浸水害が発生しやすくなったり、川が急激に増水したりするおそれがあります。

23日の東海地方の予想最高気温

予想最高気温は名古屋33度、岐阜34度、津30度、静岡29度の予想です。
きのうと同じか高くなり、内陸部では35度近くまで上がる所もあるでしょう。
湿気が多く、かなり蒸し暑くなる見込みです。
熱中症に厳重に警戒してください。

この先の東海地方は?

あす24日以降は晴れる日が多くなる見込みです。
気温は平年並みか高くなるでしょう。
来週は内陸部を中心に最高気温35度以上の日が多くなる見込みです。
体調管理に注意してください。

日本気象協会 中部支社 奥平 雄太

最終更新:7/23(火) 9:21
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事