ここから本文です

梅雨明け後は各地で猛暑警戒 本州の南に気になる雲の塊も

7/23(火) 16:02配信

ウェザーニュース

 今日23日(火)は上空の気圧の谷の通過に伴い、各地で大気の状態が不安定になり、局地的に激しい雨が降っています。

 明日24日(水)は上空の気圧の谷が徐々に東に離れ、夏の高気圧を勢力を増してきそうです。週後半にかけて続々と梅雨明けする可能性が高まっています。

週末以降は軒並み30℃超え

 梅雨明け後は気温がグッと上がり、各地で厳しい暑さに見舞われそうです。
 週末から来週にかけては西日本から東北にかけての広い範囲で軒並み30℃を超え、一部では35℃を超える猛暑日の予想です。

 特に関東や東北など、7月に入ってからの気温が低かったエリアは、体が暑さに慣れていないことが考えられます。

 例年、梅雨明け直後の暑さで熱中症患者が急増する傾向がありますので、しっかりと体調を整えて、暑さを乗り切ってください。

南にある雲が週末の関東に影響か

 さらに、ここに来てひとつ気になるポイントが出てきました。

 夏の太平洋高気圧の勢力が2つに分かれ、その間に雲がまとまりつつあります。この雲がさらに発達して熱帯低気圧となる可能性が少ないながらもあって、関東などの天気に影響しそうです。

 27日(土)、28日(日)の関東は、最新の予報で曇りに変更しています。この先1週間の傾向で暑さに注意という点に変わりはないものの、南の海上の雲の動向は少し気にする必要がありそうです。

ウェザーニュース

最終更新:7/23(火) 16:02
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事