ここから本文です

【バドミントン・ジャパンOP】桃田、奥原、松本&永原らが2回戦進出

7/23(火) 22:12配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

7月23日、バドミントンのBWFワールドツアー、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)が開幕した。ワールドツアーの中でも格付けが高い「Super750」というカテゴリーの大会。初日は各種目1回戦の半分が行われた。

男子シングルスは、桃田賢斗(NTT東日本・世界ランク1位)、常山幹太(トナミ運輸・同17位)が2回戦へ。常山はリオ五輪金メダルの中国選手に、ストレート勝ちを収めた。女子の奥原希望(太陽ホールディングス・同3位)も、2回戦進出を決めている。

ダブルスは、女子の松本麻佑/永原和可那(北都銀行・世界ランク2位)、志田千陽/松山奈未(再春館製薬所・同12位)、男子の遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス・同5位)が2回戦へ。混合ダブルスは、この日、出場した3ペアが1回戦敗退となった。

バドミントン・マガジン編集部

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事