ここから本文です

大暑の大阪でギャルみこし「わっしょい」の掛け声で暑さ吹き飛ばす

7/23(火) 12:28配信

THE PAGE

大暑の大阪でギャルみこし「わっしょい」の掛け声で暑さ吹き飛ばす

 23日は1年で最も暑い日とされる「大暑」。大阪市北区の「天神橋筋商店街」では、毎年恒例の「天神祭女性御神輿」(通称・ギャルみこし)が行われ、大阪の夏の風物詩「天神祭」の宵々宮を盛り上げた。

【映像】大阪・天満駅前でギャルみこし 最後はみこしを持ち上げた

オーディションを勝ち抜いた15~30歳の女性80人

 みこしをかつぐのは、重さ約70キロの天秤棒を持つなど過酷なオーディションを勝ち抜いた15~30歳の女性80人。女性らは元気さや清潔感を表す「赤」や「白」、大川の水を表す「青」、大阪城の石垣を表す石組模様で彩られた法被にねじりはちまき姿に身をまとった。

「大阪締め」で周辺を盛り上げる

 みこしは重さ約200キロにもなるが、女性らは同商店街を「わっしょいわっしょい」と大きな掛け声をあげながら、約4キロを練り歩いた。

 そして「打ちま~しょ!チャンチャン、もひとつせ~! チャンチャン、祝おうて三度!チャチャン チャン」という「大阪締め」で周辺を盛り上げている。

 大阪管区気象台によると、大阪市内の同日正午までの最高気温は30.5度を観測。湿度も60%後半と蒸し暑いが、ギャルみこしは同日午後5時まで、同商店街を元気に練り歩く。

最終更新:7/25(木) 14:41
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事