ここから本文です

打ち下ろし100メートルのホールも!? トリッキーなゴルフ場の楽しみ

7/23(火) 11:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

いつもと同じ馴染みのコースも楽しいが、思い切りトリッキーなコースに行くのも楽しい。ゴルフトレンドウォッチャー・コヤマカズヒロが平坦なチャンピオンコースとは異なる起伏の激しいコースの楽しさを紹介。

「天空のゴルフ場」に行ってきた

ゴルフの楽しみ方は人それぞれだ。今日イチの飛びを求めるのもいいし、スコアを追求するのもいい。いやいや、気の合った仲間とプレーを楽しむのが一番だという人もいるだろう。

企業ユーズが減り、ゴルフ人口も減少の一途だというが、ことゴルフの楽しみ方ということで言えば、より豊かになっているといっていい。値段も安くなっていて、工夫次第ではピーク時よりもずっと楽しくラウンドできる。

そんな楽しみ方のひとつとして今回提案したいのは、トリッキーで変化に富んだゴルフ場に行くことだ。日本ではフラットで距離が長いチャンピオンコースなるものがもてはやされた時期もあり、平坦で樹々でセパレートされたコースが多いが、同時に起伏のある地形に造成されたアップダウンがキツめのコースも多い。

世界のゴルフコース100選の常連で、国内では屈指の高い評価を受ける川奈ホテルGC富士コースがそうであるように、地形を活かしたダイナミックなレイアウトは、ゴルフ場の見どころのひとつだ。川奈のような高級コースもいいが、比較的プレーしやすいゴルフ場には「こんなところに作ったのか」と驚かされるトリッキーなコースがある。

そんなゴルフ場のひとつ、神奈川県の小田原城カントリークラブをプレーしてきた。標高650メートルから湘南を見下ろす景観から、“天空のゴルフ場”と呼ばれるコースだ。

その美しい景色は感動的ですらあるが、アップダウンはきつく、両サイドが狭いホールばかりだ。名物ホールの10番377ヤード(パー4)は打ち下ろしがなんと100メートル! どれだけ番手を下げれば距離が合うのか、見当もつかない。

「ええい、ままよ」と当てずっぽうで3番ウッドで打ったら、グリーン手前のラフまで届いた。筆者の3番ウッド飛距離は220ヤードくらいなので、100ヤード以上余分に飛んでいる計算になる。これはなかなか気分がいい。

谷越えの14番168ヤード(パー3)は、山の中にぽつんとグリーンだけ見えるようなレイアウト。漫画『プロゴルファー猿』に出てきそうなホールだが、見た目の通り、グリーン周りは狭く、ティショットが乗らなければトラブルになる可能性が高い。

打ち下ろしが強烈なホールだと、ピッチマークもクレーターのように大きくなり、グリーンに優しくない感じで心が痛む。しかし、グリーンを硬くしてしまうと、どんなボールもグリーン奥のOBまでいってしまうだろう。

全体的にティショットの両サイドの幅が狭く、それほど悪くないショットでもすぐにOBになりそう。このあたりの運頼みの要素が大きいことが、トリッキーと形容される理由なのだ。OBに一喜一憂せず、ボールをたくさん持っていく対策が必要だろう。そして、狭いところに打っていくスリルを楽しむのが最良だ。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 11:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事