ここから本文です

「素面」=そめん?「矜持」=きんじ?正しく読めないと恥ずかしい漢字5選

7/23(火) 12:02配信

magacol

大人になると間違いに気がつく機会が少ない“漢字”。もしかしたら誰にも指摘されず、間違ったまま使っているかもしれません。今回は、そんな“読み間違えたら恥ずかしい漢字”を5つ集めました!

あなたは全部正しく読めているのか、チェックしてみてください。

1.「衷心」

「衷心」には「真心」「心の中」といった意味があります。“嘘偽りない心からの気持ち”を表す場合に使われ、たとえば「衷心より感謝申し上げます」「衷心よりお悔やみ申し上げます」といったように用いることが多いです。

「衷心より~」のほかに「衷心から~」と書くこともありますが、よりフォーマルな文章では「衷心より~」といった表現が用いられています。

そんな「衷心」の正しい読み方は……

「ちゅうしん」です。

よく「もしん」と読んでしまいがちなので気を付けましょう。また「衷心」と「忠誠心」も混同しやすいため、注意が必要です。

2.「素面」

「素面」は、同じ読み方で「白面」とも書きます。誰しも仕事の時などは「素面」の状態になっているはず。でも、お酒が入ると……?

そんな「素面」の正しい読み方は……

「しらふ」です。

「素面」には「お酒の入っていない、普段の状態」という意味があります。「すめん」と読むのも間違いではないですが、「しらふ」と読めるとデキル感が伝わります。

ちなみに「素面」の類義語には「素顔」「正気」などがありますよ。

3.「挙って」

「あげって」「きょどって」「こぶしって」……。さまざまな読み方ができそうなこちらの漢字ですが、なかなか一発で正解を読み当てられる人は、そう多くはないでしょう。

「挙って」には「一人残らず」「全員で」といった意味があります。たとえば「挙って参加する」「町中が挙ってイベントを楽しむ」というふうに使われる言葉です。

そんな「挙って」の正しい読み方は……


「こぞ(って)」です。

元々「こぞりて」という言葉が促音(小さな「っ」または「ッ」で表される音)化して「こぞって」になり、「皆が手を挙げる」という語源から「挙って」という漢字がうまれたそうですよ。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 12:02
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事