ここから本文です

レアルのポグバ誕生か!? ベイルとハメス放出で獲得実現へ

7/23(火) 11:23配信

SPORT.es

会長フロレンティーノ・ペレスは、ポール・ポグバ獲得を諦めていないし、監督ジネディーヌ・ジダンは、是が非でもポグバ獲得したいと考えている。

ジダン “従順なる会長”にポグバ獲得をゴリ押し

ただ、フロレンティーノには、マンチェスター・ユナイテッドが求めているポグバの移籍金、約2億ユーロ(約242億円)を支払って移籍マーケットに衝撃を与える気はない。マドリーは保有選手売却で十分な収入を得ることができれば、ポグバ獲得の可能性が出てくるだろう。

『El Confidencial』によれば、フロレンティーノは、ジダンに自分の意思を明確に伝えており、「ポグバは、ベイル退団が実現したらマドリーに来る」と語っている。これが、ポグバ獲得のために会長が提示した条件である。

また、フロレンティーノは、ポグバ獲得に1億5,000万ユーロ(約181億円)以上の金額を支払う気はないようである。

■ポグバの価値
ベイル売却は、マドリーに豊富な資金をもたらすと考えられている。チェルシーやその他のヨーロッパのビッグクラブの可能性があるものの、マドリーは、ポグバ獲得交渉をするためにもできる限り早くベイルを放出しなければならないと明確な意思を示している。

ポグバには、ジダンが執着しており、クリスティアン・エリクセンやドニー・ファン・デ・ベークなどの選手獲得では、満足できない状態にある。

もしベイルを8,000万ユーロ(約97億円)で売却できれば、ポグバ獲得に必要な1億5,000万ユーロの半分以上をカバーできることになる。

さらに、ジダンは、ポグバ獲得のためにイスコ・アラルコンやマルコ・アセンシオの放出にも前向きである。

ユナイテッドは、2億ユーロ以下の売却をしたいとは考えていないが、マドリーは、1億5,000万ユーロまで減額することが可能だと見込んでいる。

ベイル放出に加えて、マドリーは、ハメス・ロドリゲス売却で4,000万ユーロ(約48億円)を手に入れられると計算している。つまり、ベイルとハメスを売却することでマドリーは、破格の大型契約を問題なく実現できることになる。

年俸に関しても、ベイルが退団することで浮く金額がポグバに支払われることになるだろう。

SPORT

最終更新:7/23(火) 11:23
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事