ここから本文です

生徒にみだらな行為、青少年条例違反の嘱託職員解雇 岡山市教委処分

7/23(火) 23:07配信

山陽新聞デジタル

 岡山市教委は23日、不登校の子どもを支援する適応指導教室の指導員の立場を利用し、女子生徒にみだらな行為をしたとして、岡山県青少年健全育成条例違反(淫行)の罪で罰金20万円の略式命令を受けた市嘱託職員の20代男性を解雇処分にした。

 市教委によると、男性は昨年9月、教室に通っていた女子生徒が18歳未満と知りながら市内のホテルでみだらな行為をしたとされる。監督責任として、上司2人を文書で厳重注意した。

 市教委は「研修などを通じて、不祥事の再発防止に取り組んでいく」とコメントした。

最終更新:7/23(火) 23:07
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事