ここから本文です

東海大相模、横浜ら神奈川ベスト8の顔ぶれ!ノーシードからは県立相模原が進出!

7/23(火) 18:37配信

高校野球ドットコム

東海大相模、横浜ら第1シード4校が8強に!ノーシードからは唯一相模原が進出!

 22日、神奈川大会ベスト8が出そろった。顔ぶれは以下の通り。

【第1シード】
鎌倉学園
東海大相模
横浜
桐光学園

【第2シード】
向上
相洋

【第3シード】
日大藤沢

【ノーシード】
相模原

 全国屈指の激戦区・神奈川。今大会では順当と言うべきか、ベスト8のうち実に7校がシード校。第1シードの4校は全てベスト8に進出してきた。ここまでの各校の戦いぶりを簡単に振り返りたい。

鎌倉学園
 エースの作野 友哉を中心に接戦を勝ち抜いてきた。2回戦からの全4試合で先攻を取り、先制逃げ切りの戦いを展開。ここからは対戦相手のレベルもワンランク上がってくるが、大師戦のように打撃陣が奮起して、作野を援護したい。

日大藤沢
 3回戦でプロ注目の大型左腕・佐藤 一磨を擁する横浜隼人に競り勝つと、勢いに乗った。打撃陣は4試合で33得点と強力。こちらも注目のエース左腕・武富 陸は初戦で5回、横浜隼人戦で10回完投したが、3、4回戦では登板なしと休養も十分だ。

桐光学園
 ここまで4試合で得点40、失点1と圧倒的な戦いを見せてきた。投手陣は安達 壮汰、谷村 然、冨田 冬馬らを中心に盤石な上、全4試合をコールド勝ちするなど負担も少なく来ている。馬込、安達、唐橋ら中軸も好調で隙がない。

向上
 4回戦で今春選抜出場の桐蔭学園を撃破し、5回戦でも強豪・横浜創学館にコールド勝ちと、勢いに乗る。2年生エース・松村 青、古澤佑歩との継投策でここからの戦いも乗り切りたい。打線は試合を追うごとに調子を上げている。

東海大相模
 ここまで圧倒的な強さで勝ち上がってきた優勝候補大本命。4回戦では昨夏北神奈川優勝の慶應義塾を相手に16対3と大勝。 鵜沼 魁斗、遠藤 成、加藤 響らが本塁打を放つなど、打線が爆発。投手陣もここまで6投手が登板するなど、層の厚さも見せつけている。

相洋
 2年生バッテリーの本田眞也、加藤陸久を中心に戦ってきた。2回戦では古豪・武相を相手にい本田が完封勝利。中軸に座っていた加藤は4回戦から1番に入ると5回戦で3安打。春の県大会で3本塁打の打棒が復調気配だ。

横浜
 春の県大会では準決勝敗退に終わったが、各学年に超高校級の投手を揃える。ここまでエースの及川 雅貴、2年生の木下 幹也、松本 隆之介、1年生の金井 慎之介が登板し、さらに3年の黒須 大誠も控える。5回戦では投打がかみ合い圧倒するなど、チーム状態も上がってきた。

相模原
 8強唯一のノーシード校は、同時に唯一の公立校だ。4回戦では日大高、5回戦では横浜商と、強豪校に競り勝ってきた。3番に座る温品直翔は今大会ここまで4本塁打と、大田 泰示(東海大相模)、増田 珠(横浜)らが記録した大会最多本塁打の5本まであと1に迫っている。投手陣の層も厚く、粘り強い戦いが期待される。

高校野球ドットコム編集部

最終更新:7/23(火) 18:37
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(月) 4:30

あなたにおすすめの記事