ここから本文です

日本で電撃復帰の準備OK!? ランパード監督、練習場からホテルまで驚きの9kmランニング

7/23(火) 13:10配信

GOAL

チェルシーのフランク・ランパード監督は、現役を引退した現在も自身に対して厳しいコンディション管理をしている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

【動画】日本で練習場からホテルまで走って帰るランパード監督

今夏にランパード監督が新指揮官に就任したチェルシーは現在、プレシーズンツアーで来日中。19日には「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」で川崎フロンターレと対戦したが、終盤にレアンドロ・ダミアンにネットを揺らされ、0-1で敗れた。

23日には「Rakuten Cup 2019」でバルセロナと対戦するチェルシーだが、公式ツイッターは驚きの短い動画を投稿。そこには日本の街をランニングするランパード監督とコーチの姿が捉えられていた。

投稿文によれば、ランパード監督はコーチ陣を引き連れ、練習場から宿泊ホテルまでの9kmを走って帰ったとのことだ。『デイリー・メール』は、ランパード監督がこのような自身の姿を見せることによって、「高いスタンダードを選手に課した」と伝えている。

また、ランパード監督は普段から積極的に練習に加わっているとのこと。アシスタントコーチのジョディ・モリス氏は、先頭に立って階段上りトレーニングを行うランパード監督の姿を『インスタグラム』で紹介し、「彼は復帰を画策しているぞ」と冗談を飛ばしている。

現在41歳のランパード監督は2017年2月に現役を引退。2001-02シーズンから2013-14シーズンまで所属したチェルシーでは公式戦600試合以上に出場し、MFながらクラブの歴代最多得点記録(211得点)を樹立するなど、“鉄人”とも呼ばれていた。

最終更新:7/23(火) 13:10
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事