ここから本文です

想像界のクリーチャーが集結、国立民族学博物館(みんぱく)に

7/23(火) 21:15配信

Lmaga.jp

想像の世界に生きる、霊獣や幻獣、怪獣が集まった特別展『驚異と怪異──想像界の生きものたち』が、8月29日から「国立民族学博物館(通称みんぱく)」(大阪府吹田市)で開催される。

【写真】そのほか驚異と怪異のクリーチャーら

「なぜ人類は、この世のキワにいるかもしれない不思議な生きものを思い描き、形にしてきたのか?」という問いとともに、約630点もの資料が展示される本展。

人魚や龍、カッパ、天狗、狼男などをモチーフとした仮面、彫刻、絵画をはじめ、ミイラなどが世界各地から集められる。

さらに想像界の文化史を辿り、人類が頭でイメージし始めた頃から現代アーティストらが生みだすクリーチャー(想像上の生きもの)までが展示。

映画『海獣の子供』など繊細に自然世界を描く漫画家・五十嵐大介や、グロテスクな作風で知られるチェコスロバキアの芸術家ヤン・シュヴァンクマイエルなど、クリエイターらの作品を通して人類の想像力について探る。

観覧料は一般880円、大学生450円、高校生以下無料。11月26日まで。

最終更新:7/29(月) 17:37
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事