ここから本文です

水深たった5cmでも注意! 侮れない水の恐怖 豪雨時に車で避けたい場所とは

7/23(火) 14:10配信

くるまのニュース

水没したクルマから緊急脱出! 乗員の命を救う道具とは

 車内にいるときに水没してしまったら、クルマから緊急脱出することが迫られる場面も考えられます。

 そのような時に役立つ装備として、「緊急脱出ハンマー」と「シートベルトカッター」があり、JAF九州本部も車内に常備することを推奨しています。これらは具体的にはどのような道具なのでしょうか。国土交通省は次のように説明します。

「水没事故や交通事故などで車内に閉じ込められたときに、クルマの側面窓ガラスを割って緊急脱出するための製品が、緊急脱出ハンマーです。製品によっては、シートベルトのロック時に切断する機能(シートベルトカッター)を持つものもあります。

 使い方に関してですが、緊急脱出ハンマーで窓ガラスを割るときは、クルマの側面ガラスか、あるいは後面のガラスを割って脱出してください。前面のガラスは、割ってもヒビが入るだけで脱出できません」

 ※ ※ ※

 フロントウインドウ(前面のガラス)を避けるべき理由としては、ガラスの種類の違いが挙げられます。

 フロントウインドウに用いられる「合わせガラス」は、飛び石対策や衝突事故時の乗員への被害軽減が考慮されていることから、割れて粉々になりにくいことが特徴です。

 サイドウインドウ(側面のガラス)やリアウインドウ(後方のガラス)には、一般的には合わせガラスが使われていないことから、割れて脱出できる可能性が高いといえます。

 緊急脱出ハンマーはカー用品店などで販売されているほか、トヨタやホンダをはじめとした多くの自動車メーカーが純正品を取り扱っています。車内に1本は備えておきたい装備です。

 異常気象の増加に伴う自然災害に備え、運転時に注意すべきことから、浸水後の対応まで、幅広く知識を備えることが、ドライバーに求められています。

くるまのニュース編集部

2/2ページ

最終更新:7/23(火) 17:20
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事