ここから本文です

同僚・大田も爆笑のハム杉谷“珍死球”、大きな話題に 再生回数は5万回突破

7/23(火) 7:05配信

Full-Count

パ・リーグTVが動画を公開、ロッテ鈴木の「お尻ポンッ」もファン“称賛”

■ロッテ 9-4 日本ハム(21日・札幌ドーム)

 日本ハム・杉谷拳士内野手の“珍死球”が話題となっている。21日の本拠地ロッテ戦に代打で登場したものの、ロッテ唐川の初球がワンバウンドでスパイク裏に直撃。ダグアウトで同僚の大田泰示外野手が爆笑する姿もファンの“共感”を呼び、パ・リーグTVが公式ツイッターで公開した動画は再生回数が伸び続けている。

【動画】「デッドボールで人を笑顔にする男、杉谷拳士」に同僚大田泰示も大爆笑 パTVが公開したハム杉谷拳士の初球“珍死球”の瞬間の映像

 杉谷が登場したのは6点を追う2死走者なしの場面。ところが、思わぬ展開が待っていた。唐川の初球はワンバウンドで右足スパイク裏に直撃。わずか1球で打席は終わってしまった。死球で出塁すると、一塁の鈴木と笑顔で何やら言葉を交わし、ポンとお尻を叩かれた杉谷。ダグアウトでは、死球の瞬間から大田が両手を叩いて大笑いしていた。

 怪我がなかったということもあり、杉谷らしく笑いを誘うシーンとなった“珍死球”。パ・リーグTVは「デッドボールで人を笑顔にする男、杉谷拳士」と動画を公開しただけでなく、公式ツイッターでも「怪我はないようです」と杉谷の“無事”を伝え、映像を投稿した。

 フォロワーからは杉谷のエンターテイナーぶりを称える声に加えて、「大地もええなー」「大地のお尻ポンッがいいね 仲良しみたいで」と一塁手の鈴木の反応に注目する声も。また、大田の爆笑に反応する人もいた。再生回数は5万回を突破。杉谷にとっては“痛い”死球となったが、ファンの笑いを誘うワンプレーとなった。

Full-Count編集部

最終更新:7/23(火) 7:05
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 15:05

あなたにおすすめの記事