ここから本文です

FW木下康介、ノルウェー1部スターベクと契約…加入の決め手はヤン・ヨンソン監督

7/23(火) 15:47配信

SOCCER KING

 スターベク(ノルウェー1部)は22日、FW木下康介と契約を結んだことをクラブ公式サイトで発表した。

 24歳の木下は2013年に横浜FCのユースからフライブルクのリザーブチームへと移籍。同クラブではU-19やU-23のカテゴリーで64試合に出場し、21ゴール3アシストを記録した。

 2016年夏に出場機会を求めてフライブルクを退団すると、ホンブルク(独4部)を経て2017年1月からハルムスタッズ(現スウェーデン2部)に加入。同クラブでは5月まで清水エスパルスを指揮していたヤン・ヨンソン監督の指導を受け、公式戦通算55試合の出場で16得点6アシストをマークした。

 今年1月からは半年間の契約でベルギー1部のシント・トロイデン(STVV)に加入し、7試合に出場して2得点を挙げた。STVV退団後はスターベクを指揮するヨンソン監督の誘いを受けて、2週間に渡って同クラブのトレーニングに参加していた。

 クラブ公式のインタビューに答えた木下は、「ヨンソン監督はとても優れた指導者で、スウェーデンにいた頃からよく知っている人物です。再びヨンソン監督と仕事がしたかったので、(契約の)決断は難しいものではありませんでした」と加入の理由を明かしている。

SOCCER KING

最終更新:7/23(火) 15:47
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事