ここから本文です

球界の「動きます」セオリー度外視、恐るべき工藤采配【タカ番記者の好球筆打】

7/24(水) 9:53配信 有料

西日本スポーツ

7回1死一塁、中前適時打を放った内川に代走周東を出した工藤監督(左)

 ◆ソフトバンク11-7ロッテ(23日・ヤフオクドーム)

 吉本騒動が収まらない…というか、日ごとに熱を帯びている。事の発端は吉本興業の所属芸人が反社会勢力を相手に「闇営業」し、金銭を受け取っていたと週刊誌によって報じられたことだった。

 しかし、今ではどうだ。反社会勢力からの金銭授受という問題から、吉本興業の「お家騒動」に論点がすり替えられた感すらある。拍車を掛けたのは同事務所の松ちゃんこと松本人志がツイッター上で「松本、動きます」とメッセージを発信したことにある。 本文:1,105文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:7/24(水) 9:53
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る