ここから本文です

『オーバーウォッチ』新ヒーロー「シグマ」がPC版PTRに登場! 重力操る62歳のタンク

7/24(水) 3:15配信

Game Spark

Blizzard Entertainmentは先日発表された『オーバーウォッチ』の新ヒーロー「シグマ」をPC版PTR(パブリックテストリージョン)に実装しました。公式サイトにはキャラクター情報やストーリーが掲載。ジェフ・カプラン氏がシグマを紹介する開発アップデート映像も公開されています。

大きな写真で詳しく見る


バイオグラフィ
シーブレン・デ・カイパー(62歳)
職業:天体物理学者
活動拠点:オランダ、デン・ハーグ(旧拠点)
所属:タロン

宇宙には、君に理解してもらう義理はないのだよ
ストーリー
天才的な天体物理学者、シーブレン・デ・カイパーの人生は、ある実験の失敗をきっかけにすっかり変わってしまった。その失敗によってもたらされた重力を操る能力のために、今ではタロンの目論みに利用されている。

デ・カイパーはその研究分野における先駆者であった。彼のライフワークは重力を制御する方法を突き止めること。その革新的な研究と型破りな性格で知られ、デン・ハーグにあるラボで研究のほとんどを行っていた。彼は人生をかけた目的を達成するまであと一歩であると信じ、国際宇宙ステーション内で最も重要な実験をついに実行に移した。

ところがその最中異変が発生し、簡易的なブラックホールが形成された。デ・カイパーがその力に触れたのは一瞬だけだったが、彼は精神に深いダメージを負うこととなった。以来、周囲で重力が歪む奇妙な現象が起き、彼の反応に合わせて物が浮いたり落ちたりしはじめた。彼はすぐに周囲からの隔絶を余儀なくされた。

地球への帰還後、デ・カイパーは政府の極秘施設で隔離された。宇宙の法則について妄言を発するだけでなく、デ・カイパーが受けた精神的ダメージ、周囲で発生する不可解な重力変化のせいで、彼は危険な存在だとみなされたのだ。そうして彼は、「被験体シグマ」として何年も拘束されることとなった。そして力をコントロールできない孤独な状況の中、デ・カイパーは自分の殻に閉じこもっていく。彼はもう二度と、外の世界には出られないと考えていた。

デ・カイパーの存在を知ったタロンは、その才能と研究を組織の計画に利用するため、施設に侵入してデ・カイパーを連れ去った。身柄は拘束されたままであったが、そんな中デ・カイパーは徐々に力をコントロールできるようになっていった。やがて自在に重力を操れるようになった彼は、かつてないほど人生の目標へと近づいていった。だが同時に、力を解き放つ引き金となった実験は彼の精神さえも分裂させた。彼はそれをつなぎとめるのに必死であった。

デ・カイパーは宇宙の真理を解明するため、今なお力を成長させ続けている。彼の力と研究を利用しようとするタロンの目論みには気づかずに…

概要
ロール: タンク
難易度: ★★★

型破りで興奮しやすい一面を持つ天体物理学者のシグマは、軌道上実験の想定外の産物として、重力を操る能力を手に入れた。タロンの手によって人間兵器へと改造されたこのタンクは、もはや脅威でしかない。

アビリティ

ハイパースフィア
壁ではね返る2つの重力チャージを放ち、時間差で爆発させて広範囲の敵にダメージを与える。

エクスペリメンタル・バリア
浮遊するバリアを任意の地点まで前進させる。バリアはいつでも解除可能。

キネティック・グラスプ
飛んできた物体を空中で停止させ、シールドとして利用する。

アクリーション
大量の瓦礫を引き寄せ、敵に向かって投げつけてノックダウンさせる。

グラビティ・フラックス
フルパワーを解放して自ら空を飛び、範囲内の敵を空高くへと浮遊させてから、地面に叩きつける。

狂気的なオリジン・ストーリーが話題となった「シグマ」。彼のアビリティやプレイスタイルはゲームにどのような変化をもたらしてくれるのでしょうか。

Game*Spark RIKUSYO

最終更新:7/24(水) 3:22
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事