ここから本文です

竹島「領空侵犯」で韓国メディアが日本批判 「過剰反応」「関係悪化と関連か」

7/24(水) 14:40配信

J-CASTニュース

 ロシア空軍機が2019年7月23日、島根県の竹島(韓国名・独島)周辺で韓国が主張する「領空」を2度にわたって侵犯した問題では、ロシア側は領空侵犯を否定している。ただ、韓国側はロシアが「遺憾の意」を表明したと説明しており、両者の主張は食い違っているようにも見える。

防衛省発表のA50の飛行経路

 日本政府は、韓国が竹島を「不法占拠」しているという立場。今回の事案では、韓国側に抗議する一方で、ロシア側が領空侵犯したと発表。韓国メディアは日本側の対応を「過剰反応」だと非難している。

■ロシアの反論ではA50には言及していなかった

 韓国側の7月23日の発表などによると、中国のH2爆撃機が2度にわたって韓国が主張する防空識別圏(KADIZ)に進入し、いったんKADIZを抜けてから日本海上でロシアのTU95爆撃機2機と合流。その上で4機で改めてKADIZに進入した。この後、ロシアのA50早期警戒管制機1機が2度にわたって「領空」侵犯した。この間、韓国軍は20発のフレア投下と360発の警告射撃を行った。

 これを受けてロシア国防省は、ロシアと中国が初めてアジア太平洋地域で長距離連合哨戒飛行訓練を行ったとする声明を発表し、

  「TU95型機のルートは国際規則を遵守して独島(竹島)から25キロ以上離れており、韓国の領空は侵犯していない」

などと主張。ただ、韓国側が「領空」侵犯を主張しているA50の動きについては触れなかった。

 一方で、日本の防衛省統合幕僚監部は、中ロ5機の飛行経路図を、機体の写真とともに公表。

  「ロシアA-50早期警戒管制機1機が竹島領空を侵犯したことを確認した」

と説明した。河野太郎外相は同日の会見で、

  「竹島は我が国の領土で、領空侵犯をしたロシアに対しては、我が国が対応するものであって、韓国がそれに対して何か措置を行うというのは、我が国の政府の立場と相容れない」

などと韓国への抗議の理由を説明した。

1/2ページ

最終更新:7/24(水) 14:40
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事