ここから本文です

たむけん、宮迫らの会見は「告発会見では決してない」後輩の処分解除も求める

7/24(水) 12:08配信

スポーツ報知

 お笑いタレント・たむらけんじ(46)が24日、自身のインスタグラムを更新し、メディアと吉本興業への「お願い」を長文でつづった。

【写真】宮迫と不倫騒動・小山ひかる、へそ出しセクシー

 たむらは「今、色んな理由でコケにされてる(馬鹿にされてる)吉本の僕が言うのもおこがましいのかもしれませんがメディアの皆さんにお願いです」と切り出し、「吉本の問題を扱って頂く時に宮迫さん達が会見の最初にした謝罪の映像も流してもらえませんか?」とコメント。

 「雨上がり決死隊」宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」田村亮が20日に開いた会見について「あの会見は告発会見では決してないんです。1番の目的は被害者の方、世間の皆さん、ファンの皆さん、関係者の皆さんへの謝罪だったのです」と強調し、「謝罪会見が遅れた経緯を正直に話すとどうしても本当は言いたくなかった事もお伝えしないといけなくなった結果あんな形になったんだと思います」とつづった。

 また「僕の所には『そもそもは宮迫さんの嘘ではないか!』とお叱りのご意見がたくさん来ます」とした上で、「はい、その通りです!宮迫さんが悪いんです!宮迫さん自身も今でももちろんそう思ってはります」と宮迫の責任を指摘。

 それでも宮迫が「今の世の中の空気感にも不安を感じてはります」とし、「なので、詐欺被害者の方を始めとした全ての方への謝罪の言葉を流していただきたいんです。よろしくお願いします」とつづった。

 続けて「もう一つ宮迫さんが心配してるのは謹慎中の後輩達の処遇です」とし、「ここからは会社にお願いです。宮迫さん指示で亮、福島、HGは嘘をつきました。その他の後輩は嘘もついておりません。最初からお金はもらっていたと言っていました。それなら当初の厳重注意処分に戻すのが当たり前ではないですか」と提言。

 謹慎中の芸人たちの家族まで誹謗中傷を受けていることも明かし「嘘をついていなかったとの文章も添えて会社に早く処分解除を発表してほしいんです」「もう、早く助けてあげてほしい。後輩達を助けられるのは今は吉本興業しかないんです」と訴えた。

最終更新:7/24(水) 12:25
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事