ここから本文です

中学1年生の金メダル候補も 五輪初採用の4競技、見どころは

2019/7/24(水) 7:02配信

みんなの2020

 1年後に迫った東京五輪で新たな見どころとして注目されているのが、五輪初採用となる「スケートボード」「サーフィン」「スポーツクライミング」「空手」の4競技だ。
 国際オリンピック委員会(IOC)では大会毎に競技・種目の追加や見直しを行っている。東京五輪の新競技の特徴は、若者に人気のあるアーバン(都市型)スポーツが多く加えられたこと。自転車の「BMX・フリースタイル・パーク」やバスケットボールの「3×3(スリーバイスリー)」もその流れに沿って新種目として採用されている。

 新しく加わった4競技の中で、このところ日本勢がめざましく躍進を遂げているのがスケートボードだ。
 スケートボードは、前後に車輪が付いた板に乗ってジャンプや回転などの技を繰り出し、難度や出来映えを競う採点競技。皿や深いお椀のようなくぼ地を複雑に組み合わせたコースを滑る「パーク」と、街にあるような階段や坂道、手すり、ベンチなどを配置したコースで技を競う「ストリート」がある。規定演技はなく自由に滑りを表現できるのが魅力で、選手個々の“スタイル“も重要視される。
 そんな中、日本勢の選手層が厚く、金メダルに最も近いと言えるのが「女子パーク」だ。

金メダル候補筆頭の中学1年生・岡本碧優(みすぐ)

 今年6月中旬のこと。東京五輪の予選対象大会第1戦として米カリフォルニア州ロングビーチで行われた「デュー・ツアー」で、世界のトップスケーターたちに衝撃を与えたのが、岐阜県の中学1年生・岡本碧優(みすぐ)だった。
 身長141cmと小柄な体で見せたパフォーマンスは圧巻だった。岡本の特長は、板に体重を乗せるのが非常に上手でスピードある滑りができることや、それに伴い、エアーと呼ばれる技に高さがあること、そして空中感覚にすぐれていること。デュー・ツアーでは岡本が得意とするスピードの出やすいコースの特性を十分に生かし、女子の公式戦で世界初となる「バックサイド540(ファイブフォーティ)」を成功。空中高く跳び上がりながら斜め軸で1回転半するこの大技を決めて、63・16点の高得点を出した。

1/3ページ

最終更新:2019/7/24(水) 7:02
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事