ここから本文です

もしFCAとルノーが統合していたら!? 消えそうな車と生まれそうな車

7/24(水) 14:50配信

MOTA

妄想&願望炸裂! もしもフィアット・クライスラーとルノーの統合が実現していたら?

2019年5月に突如として発表されたFCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)とルノーグループの経営統合に向けた提携。しかし、発表から2週間も経たずにその話はなかったことになってしまった。

■次期ジュークはこんなクルマ!? コンセプトモデルを画像で見る

これには、統合に際してルノーの主要株主でもあるフランス政府の過剰な介入が理由ともいわれている。
そんな幻と消えてしまったFCAとルノーグループの統合だが、もしこの統合が実現していたらどんな車種が生まれ、どんな車種が消えてしまっていたのだろうか? ここで完全なる妄想を垂れ流してみたいので、お時間のある人だけお付き合いいただければ幸いだ。

先祖返りしてFFからRRに!?

フィアットの代表的な車種のひとつである500。その可愛らしいルックスから日本でも人気の高い1台だ。そのルックスは今でも色褪せることはないが、さすがにデビューが2007年ということもあり、メカニズム的には旧態依然となってしまっている。

もしルノーと統合したとなれば、ルノー トゥインゴのコンポーネンツを流用して新型フィアット500が生まれていたのではないだろうか。今でもファンの多い先代500(ルパン三世でもおなじみのアレだ)と同じく、リアエンジンリアドライブとなるトゥインゴがベースとなれば、ヘリテイジ的にも歓迎されただろう。

スポーツモデルもミニバンも用意できたのに|消えそうなクルマ、生まれそうなクルマ

■GTA復活! メガーヌベースのジュリエッタ!?

FCAグループの一員であるアルファロメオだが、残念ながら最近は少し元気がない。というのもステルヴィオやジュリアといった大きめの車種しかなく、コンパクトなミトはすでになく、ジュリエッタも2010年のデビューから大きな変更がなされていない。

そこで、ルノーが持つメガーヌの兄弟車としてジュリエッタを一新するというのはどうだろうか。もともとスポーティなイメージがあるジュリエッタなので、ルノースポールをベースにしたホットモデルがあっても面白そうだ。賛否を呼びそうだが「GTA」という呼称でもいいかもしれない。

1/2ページ

最終更新:7/24(水) 14:50
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事