ここから本文です

バルサ下部組織の“宝石”16歳シモンズが退団…年俸1200万円オファー断りPSG加入

7/24(水) 12:32配信

GOAL

パリ・サンジェルマン(PSG)は23日、オランダU-16代表MFシャビ・シモンズの加入を発表した。

次世代のメッシ、シャビもこの中に?バルセロナが期待を寄せる10代のカンテラーノたち

9歳からバルセロナの下部組織に所属しているシモンズ。フベニールBで活躍し、同クラブ出身のシャビやアンドレス・イニエスタと比較されるほどの才能を持つ若手選手である。オランダ代表でも各世代別カテゴリーに選出。U-16チームでは3試合に出場している。

そんなラ・マシアの“宝石”とも呼ばれていたシモンズだが、7年間過ごしたバルセロナを離れることとなった。PSGは公式HPで「16歳の中で、シャビはオランダフットボール界で最も有望な選手の1人だ」と声明を発表している。

『Goal』の取材では、5月にバルセロナ側はシモンズをフベニールA(17~19歳以下のカテゴリー)に特別に昇格させ、年俸10万ユーロ(約1200万円)の契約を提示したことがわかっている。しかし、シモンズとミノ・ライオラ代理人はこの提案を拒否。PSG移籍を選んだことが明らかとなっている。

バルセロナは、近年有望な下部組織出身者の流出が相次いでいる。先日レアル・マドリーへの加入が決定した日本代表MF久保建英だけでなく、2017年U-17ワールドカップでスペイン代表を準優勝に導いたセルヒオ・ゴメス(ドルトムント)、大きな期待を集めていたエリック・ガルシア(マンチェスター・シティ)など、多くの若手有望株が新天地を求めることとなっている。

最終更新:7/24(水) 12:37
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事