ここから本文です

広島、安部弾で劇的サヨナラ勝ち4連勝 巨人もサヨナラ…23日のセ・リーグは?

7/24(水) 7:20配信

Full-Count

阪神とDeNAは9回にDeNAが追いつき延長12回引き分け

 セ・リーグは23日、各地で3試合を行い、巨人と広島が勝利し、阪神とDeNAの一戦は延長12回引き分けに終わった。

【写真】「すーてーきー!いいね。師弟関係。」とファン歓喜 鷹公式インスタが内川&広島鈴木誠也の師弟コンビ写真を公開

 巨人は京セラドームでヤクルトと対戦し、6-5でサヨナラ勝ちした。初回に岡本、亀井、陽岱鋼の3連続適時打などでいきなり4点を先制。4回には亀井の内野ゴロの間に1点を加えてリードを5点に広げた。だが、先発の山口が5回、7回に1点ずつを失うと、8回2死一、二塁で降板。代わったデラロサが青木に同点3ランを浴びた。9回に無死一、二塁のチャンスを作ると、代打・重信が左越えの適時二塁打を放ち、激戦に終止符を打った。ヤクルトは先発のブキャナンが5回5失点でKO。4番手の近藤一が痛恨のサヨナラ打を浴びた。

 広島は本拠地マツダスタジアムで中日に劇的なサヨナラ勝ちをおさめて4連勝とした。中盤に逆転を許し、一時は4点のビハインドを背負う苦しい展開に。それでも3点差で迎えた9回に菊池涼の適時打で2点差に迫り、バティスタが起死回生の23号同点2ラン。試合を振り出しに戻して延長に持ち込むと、10回に安部が劇的なサヨナラ弾を放った。中日はリリーフ陣が誤算。ロドリゲスが1点を失うと、抑えの岡田がまさかの3失点で同点とされ、祖父江がサヨナラ弾を浴びた。

 甲子園で行われた阪神とDeNAの一戦は延長12回引き分け。阪神は5回に先制するも、7回にガルシアが5点を失って一気に逆転を許した。その裏、マルテのソロなどで2点を奪って1点差に迫ると、8回に大山の適時打と梅野の押し出し四球で逆転に成功した。だが、9回にドリスが筒香に適時二塁打を許して抑えに失敗。延長にもつれ込むと、両チーム決め手を欠いてドロー決着となった。

→1 巨人 87試合51勝35敗1分 –
→2 DeNA 90試合44勝43敗3分 7.5
→3 広島 91試合43勝45敗3分 1.5
→4 阪神 90試合41勝44敗5分 0.5
→5 中日 88試合41勝47敗0分 1.5
→6 ヤクルト 90試合35勝53敗2分 6.0

Full-Count編集部

最終更新:7/24(水) 8:01
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事