ここから本文です

吉本興業、芸人と契約書締結へ 第三者交え委員会設置

7/25(木) 13:43配信

共同通信

 「闇営業」問題に端を発する騒動に揺れる吉本興業が、所属タレントと原則として契約書を交わす方針を決めたことが、25日分かった。同社はこれまで多くのケースで口頭での契約しか交わしてこなかった。第三者を交えた「経営アドバイザリー委員会」を設置し、来週にも会合を開いて内容などを検討する。

宮迫さん田村さんが謝罪 闇営業問題「吉本社長が会見止めた」 

 委員会は国際医療福祉大の川上和久教授(政治心理学)が座長を務める。吉本側は、反社会勢力への具体的な対策や、マネジメント体制、契約書の内容などについて助言を求めるという。

最終更新:7/25(木) 19:32
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事