ここから本文です

斎藤 佑樹投手(早稲田実業-北海道日本ハムファイターズ)vol.3「甲子園という舞台が心身を育て上げた」

7/25(木) 20:00配信

高校野球ドットコム

 2006年夏の甲子園。この年の甲子園は熱戦が多く、今でも思い出深い大会と答えるファンが多い。そう感じさせるのには、斎藤 佑樹(早稲田実業)の存在が大きいだろう。夏は1996年以来の出場となった早稲田実業のエースとして、大阪桐蔭など数々の強豪を破る原動力となった。

 決勝戦では駒大苫小牧と対戦。田中 将大(ニューヨーク・ヤンキース)と投げ合いを行い、延長再試合を経験。そして再試合を制し、全国優勝を掴んだ。優勝するまでの斎藤の熱投、ハンカチを取り出して汗をぬぐう仕草は全国の高校野球ファンの心をつかみ、ハンカチフィーバーを起こした。全4回にわたるコラム第3回目は、駒大苫小牧との決勝戦について、和泉 実監督に話を伺った。

甲子園に入って体も、精神的にも成長をしていた

「まだ準々決勝まで甘いボールがあったり、甘いボールが集中するイニングがありました。しかし準決勝ではまさにパーフェクトといってもいいぐらい彼の意図通りに投げることができていた。課題であったメンタルコントロールもできるようになっていました。斎藤は投げていて楽しかったのではないでしょうか」
また投球面だけではなく、肉体的な成長を感じ取っていた。斎藤の身体が、甲子園入りした時と比べて大きくなっていたのだ。

「斎藤には『お前、身体が大きくなっているな!』と声をかけたんですよね。斎藤自身もユニフォームがきつくなっていて、と言っていたのが記憶にあります。甲子園で連戦を重ねると、疲労がたまっていくものですが、あの時、練習時間が短かったということ、ホテルで三食とも栄養満点の食事にありつけたこと。そして休養、治療をしっかりと取ることで、身体の状態は良くなっていたんです。また故障しなかったのは、フォームが良かったというのもありましたね。あの時のフォームは本当に良かった」

 そして決勝戦は、明治神宮大会で敗れた駒大苫小牧だった。駒大苫小牧は夏3連覇を目指して粘り強い戦いを見せてきた。決勝戦では、斎藤は延長15回まで投げ切り16奪三振1失点の快投。対するエースの田中も、12.2回を投げ、10奪三振。1失点に抑え、延長再試合が実現した。

1/2ページ

最終更新:7/25(木) 20:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事