ここから本文です

リアルすぎる「パンダ」 試行錯誤を経て完成、レンタルは100万円から

7/25(木) 18:12配信

AbemaTIMES

 本物と見紛う「パンダ」が、試行錯誤の末ついに完成した。

 株式会社ブラストの社内部門、特殊造形スタジオ ゼペットが手がけた「究極のパンダ着ぐるみ」。「生きている動物にしか見えない」を目標に2015年から設計を開始し、今月ついに完成。「パンダ着ぐるみ貸します!」とレンタルの受付を開始した。

 動物園で徹底的に研究し、鼻などの皮膚に特殊シリコンを使用したほか、体毛はハリウッド映画で使われるメーカーと共同開発。さらに、立ち姿勢(二足・四足)が可能で、まばたきに口開閉もできるようになっている。

 「究極のパンダ」へのこだわりについて、チーフクリエーターの高橋勇也さんは「体の部分もこだわりが詰め込まれているが、やっぱり顔に対しては何回も直したり、研究したりした。(難しいのは)目と口。動く箇所は他との兼ね合いで皮膚が伸びたり、毛が動いたりしないといけないので、その調整が難しかった」と話す。

 そのリアルさにテレビ朝日の大木優紀アナウンサーは「動物を触る時の躊躇が出てしまうぐらい本当にリアルで、子どもが寄っていって『握手したい』と思えるものではない(笑)」と恐怖を感じたというが、「それは褒め言葉だと思います」と高橋さん。

 なお、レンタルでできることはパンダの動きに準じ、着ぐるみの中には入れないとのこと。(中の人も含めてレンタル)。レンタル価格は100万~(税別)からで、ゼペットのホームページから申込みが可能だ。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

最終更新:8/19(月) 13:08
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事