ここから本文です

山崎賢人、初声優の依頼に「まさか…」 事前に相談した梶裕貴から褒められ笑顔

7/25(木) 21:35配信

クランクイン!

 俳優の山崎賢人が、新田真剣佑、永野芽郁と共に25日、都内で開催されたアニメーション映画『二ノ国』ジャパンプレミアに登壇。3人が初めて声優に挑戦した感想を明かした。

【写真】梶裕貴がサプライズで登場!山崎賢人、永野芽郁、新田真剣佑ら豪華キャストが集合した映画『二ノ国』ジャパンプレミア


 本作は、『妖怪ウォッチ』『レイトン教授』シリーズなどを手がけたレベルファイブ発売のRPGゲームで、スタジオ・ジブリが制作協力、久石譲が音楽を担当。映画化に当たり、レベルファイブCEOの日野晃博が原案と脚本を担当し、『おもひでぽろぽろ』などの原画を務めた百瀬義行が監督を、久石がゲームに続いて音楽を手がけている。イベントには、声優の宮野真守、津田健次郎、梶裕貴、日野晃博、百瀬義行監督も出席した。

 主人公・ユウの声を演じる山崎は、「まさか声優のお仕事がくるとは思っていなかった」と振り返り、「やる前に梶さんに相談させてもらいました」と告白。そんな梶から「仕上がったものを見ましたが素敵でした」と賛辞の言葉を送られると、照れ笑いを浮かべた。

 新田と永野も声優初挑戦。新田は「普段、いかに体を使って芝居をしているのかを感じました。とても難しかったです」と打ち明け、永野も「一言いうだけで、こんなに大変なんだと思いましたね。映画の中はキャラクターの距離感が変わっていくので、それを自分ひとりで戦いながらやるのは、今までで感じたことがない孤独感があって疲れました」と吐露するも、「楽しかったです」と笑顔を見せた。

 今作には宮野ら人気声優陣も出演しており、イベントには出演予定のなかった梶が急遽サプライズ登場。宮野は「梶くんに全部持っていかれた」と梶に文句を言いつつも、「刺激を受けてお芝居できているので、それはこの作品の魅力になってると思う」と手応えを感じてる様子。また、梶は「声優の大先輩とかもそうですし、(山崎ら)普段なかなかお芝居できないメンバーの方とできるのも楽しいですね」と満面の笑みで語った。

 イベントでは、山崎、新田が役どころで共感する部分を明かす一幕も。山崎は「僕はいろんなことを迷うけど、決めたら頑張るので、決めたときの強さは共感できました」としみじみ。ユウの親友のハルを演じた新田は「すごく真っすぐな性格で、自分を犠牲にして大事なものを守るところが大好きです」と打ち明けていた。

 アニメーション映画『二ノ国』は8月23日より全国公開。

最終更新:7/25(木) 21:39
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事