ここから本文です

気候変動でワクチン需要2000億ドル拡大も-一部製薬会社に追い風

7/25(木) 12:58配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 世界的な気温上昇に伴い、ジカ熱やエボラ出血熱などの感染リスクにさらされる人たちが2080年までに約10億人増える恐れがあり、それが一部の製薬会社にとって追い風になるかもしれないと、モルガン・スタンレーが投資家向けリポートで指摘した。

ヘルスケア分野を担当するマシュー・ハリソン氏ら同社アナリストによると、気候変動は感染症の急激な拡散を招く見通しで、特に欧州にリスクがある。

同社の試算では現在5000億ドル(約54兆800億円)規模の感染症薬市場で新しいワクチンの需要が1250億ドル生じる見通し。より複雑なワクチンが高価格に設定されると想定すると、その規模は2000億ドルに達する可能性がある。

モルガン・スタンレーによれば、大量生産の体制が既に整い最も優位にあるワクチンメーカーとしては、フランスのサノフィや英グラクソ・スミスクライン、米メルクなどがある。米ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、武田薬品工業、モデルナも一定の役割を果たす公算がある。

世界最大のワクチンメーカーの一角であるファイザーは熱帯病に関する最近の研究を公表していないが、開発能力は高いとモルガンは指摘。モデルナはがんワクチン開発への取り組みがウォール街の注目を集めているが、ジカ熱ワクチンやチクングニア熱の治療薬も開発中。

原題:Climate Change May Draw $200 Billion Vaccine Boom, Analyst Says(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Cristin Flanagan

最終更新:7/25(木) 12:58
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事