ここから本文です

高校1年生の選挙ウォッチャーがみた参院選2019「選挙を通じて若い人に『選挙って大事なんだ』と呼び掛けたい」

7/26(金) 11:34配信

選挙ドットコム

選挙ドットコム
他の選挙区だとどんな候補と会いましたか?

西田さん
千葉選挙区以外には東京選挙区も行ったんですが、吉良よし子さん、おときた駿さん、野原善正さん、水野素子さん、大橋まさのぶさん、七海ひろこさんの街頭演説をそれぞれ見ました。七海さんの演説中には幸福実現党の釈党首が応援演説に入っていたので釈さんと握手させてもらったんです。

東京選挙区で印象深かったのはれいわ新選組・野原さんの街頭演説ですね。新宿駅でトラックを出して山本太郎さんと「れいわ祭り」と題して街頭演説をしていました。周りには支持者みたいな人たちがたくさんいたんですが、普通の街頭演説のスタッフとは少し違っていて。その支持者の人たちが街頭演説を盛り上げていてくれてて(笑)普通とは違うやり方の選挙をやっていて。やっぱりれいわ新選組の選挙はすごかったです…!

選挙ドットコム
今回の参院選、高校生の西田さんの目にはどう映りましたか?

西田さん
若い人のTwitterでの書き込みが昔と比べて増えたように思います。2013年と2016年の参院選や2017年の衆院選ではTwitterを調べてみても若い人の書き込みはあまり見当たらなかったんです。でも今回の参院選では候補者の側もTwitterをよく使うようになったと思います。有権者の側でも若い人のツイートをよく見たので、昔よりは関心を持っているんじゃないかなと感じました。

若い人が関心を持つには被選挙権の引き下げと、実際の選択肢として若い候補者が必要

選挙ドットコム
普段、友達とも選挙について話したりしますか?

西田さん
学校でも友達に政治や選挙について「こういうの知ってる?」といった感じで話を振ってみても正直話が合いません。今まで色んな選挙の立候補者さんたちと話してきた中で、「若者が政治に興味を持つにはどうすればいいか」のような話はするんです。ただ実際に広めていくとなるとなかなか難しくて。

将来僕は無所属で選挙に出たいなと思っています。選挙に出て、選挙を通じて若い人に選挙って大事なんだ、政治って大事なんだ、と呼び掛けていきたいです。選択肢として選ばれるような若い人がいないといけないのかなと思っています。

あとは選挙権や被選挙権をもっと下げる、ということもできると思います。今の選挙権は18歳、被選挙権は市議とかであれば25歳からです。これはもっと変えられるんじゃないかと思っています。あんまり下げすぎるのはよくないかもしれないですが、被選挙権を20歳まで下げていいんじゃないかなと思っています。ネット上でやりとりしている知り合いの人の中には18歳まで下げていい、という人もいますが僕は20歳までは下げられると思っています。

3/4ページ

最終更新:8/8(木) 11:48
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事