ここから本文です

下半身露出の教諭免職 生徒を目隠しして触ったものを当てるゲーム…悲鳴 親しい女性と疎遠になり計画

7/26(金) 6:48配信

埼玉新聞

 埼玉県教育委員会は25日、小学校6年生の女子児童への個別指導中に下半身を露出したとして、県南部の公立小学校の臨時任用の男性教諭(30)を同日付で懲戒免職処分としたと発表した。県教委は被害児童に配慮し、学校名や教員名を明らかにしていない。

大学生を逮捕、強制性交等の容疑 SNSで女性と知り合い、女性宅で性的暴行…1時間にわたり/所沢署

 県教委によると、男性教諭は6月11日午後2時40分ごろ、女子児童に対し、他の児童とは別室で学ばせる「少人数指導教室」で1対1で指導。目をつむって触ったものの名前を当てさせるゲームを行い、両手でタオルを持って目を隠すように指示し、下半身を露出したという。

 男性教諭が下半身を露出させているのに気付いた女子児童が「嫌だ」と悲鳴を上げたため、男性は衣服を直し、授業を再開した。女子児童から話を聞いた保護者が翌日、学校に訴え、事件が発覚した。

 男性教諭は県教委の調べに「児童に下半身を触れさせようと前日に計画した。住んでいる家を引き払うことや、親しくしていた女性と疎遠になり、ストレスがたまっていた」と話しているという。

 また県教委は同日、1月27日に他の教員らの私的な積立金を盗み、コンビニ店のごみ箱に捨てた市立桶川中学校の男性教諭(57)を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は「置いてはいけない場所に現金を保管してあり、『懲らしめてやろう』と思った」と話しているという。

 飲み会で酒を飲んだ帰りに車を運転し、道交法違反で摘発された熊谷市立妻沼東中学校の男性教諭(32)も停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は6月20日に略式起訴され、罰金30万円を支払った。

 小松弥生教育長は「大変重く受け止めている。信頼回復のため、粘り強く不祥事の根絶に取り組む」とのコメントを出した。

最終更新:7/26(金) 10:46
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事