ここから本文です

「ハイスぺ男子と結婚できる」はうそ?高額なのに結婚できない、ブラック結婚相談所の特徴

7/27(土) 20:50配信

LIMO

雑誌掲載に騙されないで!お金で買ったメディア出演実績

ブラック結婚相談所の見抜き方をお伝えします。

そうした結婚相談所の多くが、某女性誌Cに掲載されたとHPやブログでアピールしています。しかしその某女性誌Cは、定期的に結婚相談所の特集をやり、掲載した結婚相談所や婚活サービス会社から広告料を受け取っているのです。

その雑誌から私もよく営業メールを頂きます。つまり、掲載されたのはただ広告をだしているだけ。

別に広告を行うことが悪い事ではありません。真面目に営業していて広告を出すこともあるでしょう。ただ評判が良いからメディアに出たわけではなく、ただの広告と思っておいてください。

仲人の仕事が入会の勧誘と退会の引きとめだけ

30代半ば以上の方に対し、入会前に根拠にとぼしい甘い話ばかりするところも要注意です。

27歳で1度も恋愛経験がない人に、「大丈夫だよ! あなたならちゃんといい方と結婚できるよ」というのは誇張しすぎな励ましかもしれません。

34歳に「大丈夫だよ! あなたならちゃんといい方と結婚できるよ」というところがいたら怪しい。「今がんばればなんとかなるから一緒に頑張ろう」ぐらいならまともかもしれません。

あるアラフォーキャリアウーマンは、35歳になる時にそうしたセレブ系結婚相談所に入会してしまいました。

入会前は親身に話を聞いてくれ「仕事が忙しくて独身のままきちゃった男性は多いの。あなたならすぐに結婚できますよ」と言われて入会したところ、入会後は男性の紹介もなく放置。

そこで冷静になりました。

「そもそも、ここにはそういう男性がいないんじゃないの? そんな選び放題のハイスペック男性が仮にいたとして、私を選ぶわけがないじゃん」

と思って退会を申し出たそうです。

すると、相談所の担当者は「今ちょうどいい方が入会して。ぜひ紹介しようと思っていたところなの」と言い出し、引きとめようとしたそうです。彼女は「ここはヤバい」と確信して退会しました。

入会前の勧誘と、退会の引きとめでしか仲人と話しをしなかったそうです。ひどいですが、こういうところは多いかもしれません。

どんな婚活サービスを使っても構いませんが、お金で買えるのは出会いだけです。自分の魅力は買えないと心得て婚活することが防衛策ではないでしょうか。

田中 菊乃

3/3ページ

最終更新:8/17(土) 0:50
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事