ここから本文です

アトレティコが衝撃7発でレアル粉砕! 今季初の“マドリード・ダービー”制す

7/27(土) 10:53配信

SOCCER KING

 インターナショナル・チャンピオンズカップ2019(ICC)が行われ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの”マドリード・ダービー”が行われた。

 レアル・マドリードはエデン・アザールやルカ・ヨビッチ、ナチョ・フェルナンデスらを先発起用。久保建英は61分から途中出場を果たした。一方、アトレティコ・マドリードは新背番号「7」のジョアン・フェリックスやキーラン・トリッピアー、ジエゴ・コスタなどがスタメンに名を連ねた。

 試合は開始44秒でいきなり動く。D・コスタが、フェリックスからのノールックパスを受けるとペナルティエリア右に侵入。コスタは右足を振り抜くと、ボールはDFセルヒオ・ラモスに当たって軌道が変わり、ゴール左に吸い込まれた。アトレティコ・マドリードが先制に成功して、幸先の良いスタートを切る。

 さらに8分、サウール・ニゲスがボールを奪うとエリア左からクロスを供給。ゴール前に飛び出したフェリックスが、これを押し込み初ゴールを記録。アトレティコ・マドリードが追加点を奪った。

 試合は完全にアトレティコ・マドリードのペースに。19分、ターンで相手をかわしたコケはエリア右のアンヘル・コレアにパス。コレアはゴール左に流し込み、アトレティコ・マドリードは開始わずか20分の内に3ゴールを挙げて、レアル・マドリードを突き放す。

 さらに28分、サウールがDFラモスのパスを高い位置でカットすると、フリーになっていたD・コスタにスルーパス。D・コスタはゴール前で冷静にGKティボー・クルトワとの1対1を制して、アトレティコ・マドリードが4点リードとした。

 45分にはD・コスタがPKによりゴールを挙げて、前半の内にハットトリックを達成。アトレティコ・マドリードは5-0と点差をつけて前半を折り返した。

 後半に入ってもアトレティコ・マドリードが試合を支配。51分、フェリックスのスルーパスに反応したD・コスタが相手DFの裏に抜けてボールを受け取る。D・コスタはGKクルトワの頭上を通すシュートでネットを揺らして、4ゴール目をマーク。

 得点が欲しいレアル・マドリードは60分、アザールが左サイドをドリブルで突破するとグラウンダー性のクロスを供給。このクロスにナチョがゴール前で合わせて、レアル・マドリードは1点を返す。得点直後の61分に久保建英が投入された。

 すると63分、ダニエル・カルバハルとD・コスタが接触してつかみ合いの乱闘騒ぎに。ジネディーヌ・ジダン監督もピッチ内に入って止めに入る事態となったが、両選手が退場することで事態は沈静した。

 70分、ビトーロが左サイドをドリブルで突破すると、そのままエリア左に侵入してシュート。このシュートはゴール左に決まり、アトレティコ・マドリードは7-1とした。

 レアル・マドリードは85分にPKにより1点を奪うと、89分にはハビ・エルナンデスがヘディングでゴールを決めて点差を縮める。

 このまま試合は終了してアトレティコ・マドリードが7-3でレアル・マドリードに勝利を収めた。

【スコア】
レアル・マドリード 3-7 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1分 0-1 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
8分 0-2 ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)
19分 0-3 アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード)
28分 0-4 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
45分 0-5 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
51分 0-6 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
60分 1-6 ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)
70分 1-7 ビトーロ(アトレティコ・マドリード)
85分 2-7 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
89分 3-7 ハビ・エルナンデス(レアル・マドリード)

SOCCER KING

最終更新:7/27(土) 11:08
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事