ここから本文です

BC栃木、6点差追いつき巨人3軍と引き分け 寺内監督「楽しんでいただけたと」

7/28(日) 19:02配信

Full-Count

巨人3軍との2連戦は負けなし「修正してよく追いついた」

 BCリーグ栃木は28日、栃木市営球場で巨人3軍と対戦し、6点差を追いついて8-8と執念で引き分けた。27日は9-1で大勝。巨人3軍2連戦を負けなしで、東地区の首位を守った。

【動画】サプライズのケーキで誕生日を祝福されるも、西岡の”イタズラ心”発動に大盛り上がり

 先発の比嘉は初回、先頭・加藤を歩かせ、牽制や守備のミスを連発して、2点を失った。3回には2番手・秋山が4点を失い、4回表で1-7。しかし、相手の村田修一コーチに昨年、栃木で世話になった松井永吉ら若手が奮起した。

 4回に相手失策から怒涛の攻撃。1軍経験者の左腕・池田から6安打で一挙7点を奪い、一時は勝ち越した。6回に同点に追いつかれたが、救援の切り札・金子、ジョンを投入して巨人3軍戦を負けなしで終えた。

「前半あれだけミスがありながら、修正してよく追いついた。先頭打者への四球は勝負になっていないが、(自分たちも)相手のミスにつけこもうと、みんなつなぐ意識が(結果に)出た。(観客も)楽しんでいただけたと思う」と巨人OBの寺内監督。観衆は27日が2075人、28日は2383人と連日2000人超え。3時間46分で引き分けの熱戦の試合後は球場正面で西岡剛内野手と巨人・村田コーチのスリーショット撮影会を行い、ファンは長打の列を作った。

細野能功 / Yoshinori Hosono

最終更新:7/28(日) 19:02
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(火) 19:20

あなたにおすすめの記事