ここから本文です

後藤が矢野を102秒殺で2勝目!「これで流れが変わる」

7/29(月) 0:00配信

デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(28日、ドルフィンズアリーナ)

 真夏の祭典「G1クライマックス」Bブロック公式戦が行われ、後藤洋央紀が矢野通とのケイオス対決を今大会最短の1分42秒で制し、2勝3敗とした。

【写真】後藤洋央紀が宣言「G1のGは後藤のG」

 後藤は開始から、ずる賢いインサイドワークを駆使する矢野に何度も丸め込まれるが、辛くも3カウントは取らせず。最後は背後に回り、矢野がレフェリーを妨害しながら放った股間蹴りの足をつかむと、逆に後藤式で押さえ込んで白星をもぎ取った。

 負ければ崖っぷちに追い込まれる一戦で踏みとどまった後藤は「執念だな、今日の勝利。もう負けられないって言うオレの執念が上だった」と勝因を語り、「G1クライマックス、これで流れが変わるぞ」と、巻き返しへ闘志を燃やした。

最終更新:7/29(月) 0:04
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事