ここから本文です

【ツール・ド・フランス2019 第21ステージ結果速報】エガン・ベルナルがコロンビアに初めてマイヨ・ジョーヌをもたらす、ユアンが今大会3勝目!

7/29(月) 7:32配信

J SPORTS

長いフランス一周の最終日、155選手はランブイエを出発しパリ・シャン=ゼリゼへ向かう128kmで大会は幕を閉じる。アクチュアルスタートが切られてもパレードランは続き、毎年恒例の特別賞カラーにおめかしされた自転車やチームカー、シャンパンでの乾杯などの記念撮影が多幸感あふれる雰囲気の中行われた。

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第21ステージ ハイライト

仲良しチームメート&ルームメートで知られるトーマス・デヘントとティム・ウェレンス(共にロット・スーダル)が集団を牽引しウェレンスが4級山岳を先頭通過、続く4級山岳を今大会も幾度となく大逃げに挑戦したヨアン・オフレド(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム)が先頭通過。プロトンはのんびりと会話を楽しみながらパリ市内へと突入。

ポンヌフ橋を渡り、ルーヴル美術館のピラミッド横を通ってパリ・シャン=ゼリゼへ。夕暮れの西日で黄金色に輝くエトワール凱旋門を周りスプリンターたちが最後の瞬間を待つ。オマール・フライレ(アスタナ プロチーム)、トーマス・スクーリー(EFエデュケーションファースト)ヤン・トラットニック(バーレーン・メリダ)、ニルス・ポリッツ(チーム カチューシャ・アルペシン)が先頭グループを形成するも、残り距離12kmで吸収された。

ステージ勝利を狙うソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ)やマイケル・マシューズ(チームサンウェブ)にメカニカルトラブル発生、集団復帰するのに脚を使ってしまった。ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が先頭でプロトンを牽引しジャンヌダルク像の前を通りチームメートのエリア・ヴィヴィアーニのお膳立てをする。

コンコルド広場からシャン=ゼリゼに入ったタイミングでエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(チーム ディメンションデータ)がロングスプリントを開始、番手のマクシミリアーノ・リケーゼ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、ニッコロ・ボニファツィオ(トタルディレクトエネルジー)が加速するも後方から一気に捲り上げたディラン・フルーネウェーヘン(チーム ユンボ・ヴィスマ)とカレブ・ユアン(ロット・スーダル)がフィニッシュラインへ飛び込んだ。僅差でユアンがシャン=ゼリゼスプリントを制し、今大会3勝目を挙げた。

1/3ページ

最終更新:7/29(月) 7:32
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事