ここから本文です

猛暑到来!「働く人」を暑さから守る新技術やサービス続々

7/29(月) 10:35配信

ニュースイッチ

 長引く梅雨が全国的に明け、夏が到来した。夏場は屋内外で熱中症などにならないように体調管理に気をつけなければならない。そこで注目されるのが、IoT(モノのインターネット)技術やスマートフォン、ウエアラブル機器などを活用して体調管理につながる情報を見える化するサービスだ。体調管理で問題なのは個人の主観のみに頼って対策を講じてしまうことだ。気温や湿度といった環境情報や生体情報を基に客観的に判断することが重要になる。

 日本の夏は高温多湿で、気温が35度Cを超える猛暑日も年々増えつつある。企業は特に現場で働く作業員の健康状態をしっかりと把握する必要があり、熱によるストレスを測定するなど作業員の安全を守るサービスの利用が進みそうだ。

 KDDIは製造現場や建築現場で作業員の労働災害を抑制するサービスを手がける。作業員が身に付けた腕時計型のウエラブル端末などにより、温湿度といった周囲の環境や作業員の脈拍を測定する。

 それらの情報を組み合わせて個人ごとの「熱ストレスレベル」を推定し、4段階で評価。危険と判断された場合は現場責任者や作業者本人のスマートフォンなどに自動通知し、注意を促す仕組みだ。万が一労働災害が発生した場合も、早期発見につなげて被害を最小限に抑えられる。ウエアラブル端末の価格は1台月6000円で、別途初期費用が必要となる。

 戸田建設と村田製作所はIoTとセンサー技術を活用した「作業者安全モニタリングシステム」を共同開発した。ヘルメットのセンサーデバイスにより、建設作業者の生体情報や作業環境を即時に監視できる。

 ヘルメットのセンサーデバイスは内バンドに装着する生体情報測定部、後部に装着する環境情報測定部で構成。これらが脈拍や活動量、周辺の温・湿度を測定し、「熱ストレス」と呼ぶ独自パラメーターで健康状態を判断する。

 計測したデータをクラウド上で解析し、作業者の生体情報に変化があれば、警報情報を事務所のパソコンや現場監督のスマホに配信、適切に健康管理を行える。

 戸田建設は10階建て建設現場で実証実験し、スムーズな稼働を確認。その後、作業者が200人規模の建設現場に適用している。

1/3ページ

最終更新:7/29(月) 13:33
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事