ここから本文です

北島忠雄七段が勝利 次局は千田翔太七段と対戦/将棋・叡王戦段位別予選

7/29(月) 21:45配信

AbemaTIMES

 将棋の叡王戦段位別予選が7月29日に行われ、北島忠雄七段(53)が木下浩一七段(51)に82手で勝利した。次局は予選準決勝で千田翔太七段(25)と戦う。

 叡王戦は、全棋士参加の棋戦で、女流棋士1人、アマチュア1人も予選に参加。段位別予選を経て、タイトルホルダーなどのシード棋士を含んだ本戦を勝ち抜いた2人が、挑戦者決定の三番勝負を行う。

 過去3勝3敗と対戦成績では五分だったが、2006年8月以来、約13年ぶりの対局は、端から上手く攻め込んだ北島七段のペース。形勢が苦しいと見た木下七段が投了した。

最終更新:7/29(月) 21:45
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事